「09 不倫がバレないように」の記事一覧

仕事関係者との不倫はリスク大! 出会い系サイトをおすすめする理由

09 不倫がバレないように

仕事関係者との不倫はリスク大! 出会い系サイトをおすすめする理由

不倫関係になるきっかけの多くは、仕事関係と言われています。

「男性上司と女性部下」という典型的な間柄だけでなく、取引先や仕入れ業者、配達関係者、また、同じビルの別会社の社員など、仕事や職場を通じて知り合う人と不倫関係になるケースが多くあります。

しかし、仕事関係者との不倫ほどリスキーなものはありません。われわれ既婚者は、ぜったいに仕事関係者と不倫をしてはいけません。

不倫相手を選ぶなら、リスクのない出会い系サイトに限ります!

仕事関係者との不倫のリスクと、出会い系サイトのおすすめ理由をご紹介します。

1.仕事関係者との不倫が起こりやすい背景

「社内不倫はアブナイ」、と分かっていても、不倫関係の多くは仕事関係の中で生まれています。それには、以下のような理由があるのです。

接触の機会が多い

社内の職員同士や、頻繁に顔を合わせる関係者とは、接触の機会が多くなります。いつも顔を合わせている相手には、よほどの嫌悪感がない限り、人は「親しみ」を覚えます。「いつも一緒にいる」というだけで、不倫関係は起こりやすいのです。

人間的な関係が生まれやすい

仕事上の関係であっても、たまにプライベートの話をすることもあります。また、仕事で見せる表情とは違うくつろいだ表情を見たり、思わぬ優しい言葉をかけられたりすると、男性も女性も心は動いてしまいます。

職場は人間的な関係が生まれやすい環境にあり、不倫関係も生まれやすいのです。

2.仕事関係者との不倫のリスク

仕事に影響を及ぼす

仕事関係者と不倫をしている人は、「仕事には影響のないように上手くやっている」と思っています。

しかし、本人が気づかないところでいろいろな影響が出ています。どんなに仕事と不倫を切り離していても、不倫相手を完全なビジネスパーソンとして見ることはできません。

仕事に手心を加えたり、感情的になってしまったりしやすくなります。男性側は比較的上手くコントロールできますが、女性側がそうとは限りません。仕事中なのに、気を引くために不機嫌な態度を取ったりすることがあります。

バレやすい

仕事関係者との不倫はリスク大! 出会い系サイトをおすすめする理由

もっとも大きなリスクは、バレることです。

当人たちは上手く隠していると思っても、まわりは気がついています。

「あやしいな」と思われてしまうと、それとして行動を注視されるので、容易に確定的な証拠を押さえられてしまいます。

不倫相手との関係がこじれたときが厄介

不倫関係が上手くいっているときは良いのですが、関係がこじれると厄介です。特に女性側は別れたくはないのに、男性側が関係を終わらせようとすると、わざと職場でバレるような行動をとったり、仕事の邪魔をしたりする場合があります。

仕事上オープンにしているメアドやSNSを使って、嫌がらせをするケースや、「不倫関係を強要された」と、セクハラで訴えるなどというケースは、かなり厄介です。

バレると仕事の評価にも響く

不倫関係が職場にバレてしまうと、仕事の評価に響きます。

一昔前のように、「浮気は男の甲斐性」などという職場はどこにもありません。不倫はコンプライアンス的にもアウト!です。社内では人事や役職に影響を及ぼし、関連会社の相手では、場合によっては損害賠償に発展する恐れもあります。

バレると失うものが大きい

仕事関係者との不倫がバレてしまうと、職場でのポストを失い、重要な仕事を任されなくなるばかりか、人としての信用そのものも失いかねません。直接または、間接的に家族にも知れることになり、最悪の場合は家庭も失ってしまいます。

このように、仕事関係者との不倫はバレやすく、バレると失うものが非常に大きいリスキーなものです。

3.出会い系サイトをおすすめする理由

詳しい身元を明かさずに関係を持つことができる

仕事関係者との不倫はリスク大! 出会い系サイトをおすすめする理由

仕事では、ほとんどの場合、本名や年齢などの素性を公開しています。特に同じ会社内であれば、学歴や職歴、おおよその居住地も知られています。また会社用の連絡先(電話番号・メアド)だけでなく、プライベートの連絡先も知られる環境にあります。

出会い系サイトの場合は、こうした個人情報を知られずに不倫関係を始めることができます。また、万が一不倫関係がバレたときのリスクを抑えて、不倫相手を見つけることができます。

周囲にバレにくい

仕事関係者との不倫では、共通の知り合いがたくさんいることで、関係がバレやすくなります。出会い系サイトの場合は、出会い系サイト以外に、何の接点もないため、周囲にバレるリスクはかなり低くなります。

不倫関係にあることを、当事者以外は知りようのない状況にしやすいことも、出会い系サイトの大きなメリットです。

こじれたときにも、縁を切りやすい

仕事関係者との不倫では、関係がこじれ、縁を切りたくても、仕事上の関係があるためなかなか簡単にはいきません。しかし、出会い系サイトであれば、仕事上の関係などはなく、連絡方法も限られているので、比較的簡単に縁を切ることができます。

つい出来心で、仕事関係者との不倫を始めてしまいがちです。しかし、仕事関係者との不倫はリスク大!です。出会い系サイトを利用して、リスクの少ない不倫関係を始めてみましょう。

既婚者が、出会い系サイトで肉体関係を結ぶ場合は「性病」に注意

09 不倫がバレないように

既婚者が、出会い系サイトで肉体関係を結ぶ場合は「性病」に注意

既婚者のみなさん。出会い系での不倫関係楽しんでいますか?

さて出会い系サイトで出会った不倫人妻と肉体関係を結ぶ上で注意したいのが性病

やはり出会い系サイトの不倫人妻は性病を持っている方も多く、性病になると取り返しのつかない事態になる事もあります。

あなたが奥様とセックスレスの場合は問題ありませんが、セックスで性病をうつしてしまった場合は、浮気バレの原因にもなりかねません。

ここではそんな出会い系サイトでの不倫と性病について特集していきます。

1.蔓延する性病

性病の感染率は例年増加しており、問題は深刻化しております。

日本は先進国の中でも感染率が高く、特に10代、20代の若い世代での性病の蔓延が進んでいます。2012年文部科学省の関係団体・日本性教育協会(JASE)が調査したデータでは、日本の女子高生の性病感染率は約17%(8人に1人)という統計が出ており、世界トップクラスの水準となっています。

またこれはあくまで全般に向けた調査データであるため、不特定多数の男女の間での性交渉が蔓延している出会い系サイトの場合、利用者の性病の感染者率はさらに高くなっている事でしょう。

特に出会い系サイトを長らく利用している女性の場合、性病を持っている可能性は高く、そんな女性と出会い肉体関係を結んでしまうと、あなたも性病を患う可能性が高くなります。

2.性病に感染する確率は?

性病と言っても、クラミジア・梅毒・淋病・HIVなど様々な種類があり、性病のタイプにより感染率が異なります。例えばポピュラーで感染率も高い「クラミジア」の場合、その感染確率は30%~50%と高い数値であり、危険性が高いHIVにおいては感染率は0.01%~0.05%と低くなっています。

なお同じ性病であっても、性行為の方法で感染率は変わってきます。クラミジアを例とすると、オーラルセックスのみでの感染確率は20~30%にとどまりますが、挿入ありの性行為となると感染確率は30%~50%に跳ね上がります。

また、すでに性病を患っており、性病により性器や口などの粘膜が炎症を起こした状態でセックスを行うと、さらに性病に対しての感染確率は上がります。

3.性病になった場合のリスクは?

性病に感染するとまず身体に害を与えます。これも性病の種類により異なりますが、例えばクラミジアであれば性器が炎症をおこし痛みやかゆみを感じるようになり、セックスそのものもし難くなります。現在一番恐ろしい性病であるHIVにおいては、放置しAIDS(エイズ)に発展すると、免疫力が低下し最悪の場合死に至ることも。また性病は自然治癒はなかなかせず完治させるには病院に通う必要があるため、治療費や手間もかかります。

そして、出会い系サイトで性病に感染してしまうと、あなたの奥様にも性病を感染させ苦しめてしまうリスクもあります。それにパートナーがいる状態で性病に感染してしまうと「私性病に感染してないし、じゃあどこで感染したの?」といった話にもなってきますので、家庭崩壊や別れる原因となってしまう事もあります。

4.性病を防ぎつつ出会い系サイトで遊ぶには?

そんな性病のリスクがあったとしても、それでも出会い系サイトで遊びたい方もいるかと思います。

その場合は、次のような心掛けが大切です。

あまりに軽い女性には手を出さない

既婚者が、出会い系サイトで肉体関係を結ぶ場合は「性病」に注意

遊び慣れてそうな女性が実はお堅い人だった、清純そうな女性が遊び好きで性病を持っていたという事もあるので、「こういった女性なら性病は大丈夫」と明確に述べる事はできません。とはいえ、「すぐに会ってセックスしよう」、「身体がさみしい」、「今までに何十人もの男性と出会い系サイトで関係を持ってきた」などと言っている女性は、やはり性病に感染している確率は高くなります。そういった余りに軽そうな女性には注意した方がよいでしょう。

症状に注意を払う

相手の女性が性病に感染している場合、「性器からおりものがでており臭う」、「身体に斑点がある」、「恥部周りに炎症の後がある」など性病の症状が見受けられる場合があります。こういった女性の場合、今現在性病に感染している、もしくは最近性病に感染していた可能性が疑われますので、セックスをする場合は注意を払う事が大切です。

挿入行為は行わない

前述もした通り、挿入行為があるセックスは最も性病の感染リスクが高まります。このため、手や口を使った挿入行為のないセックスにとどめる事で感染確率を減らせます。ただしオーラルセックスなどでも感染する可能性はゼロではありませんのでその点は頭に入れておく必要があります。

避妊具を使う

もし挿入行為のあるセックスをする場合は、避妊具(コンドーム)が一つの防衛策となります。避妊具を使う事で感染確率を劇的に減らす事ができます。ただし避妊具を使っても感染してしまう事もありこちらも可能性はゼロではないので、その点は頭に入れておく必要があります。

性病に感染してしまったら

もし出会い系サイトで女性と肉体関係をもち、性病の疑いのある症状が出始めたら、まずは医師の診断を受けてください。性病は自己判断する事は素人には難しく、また放置すると悪化し治療に手間がかかる事もあります。疑いがある場合は早めに診察をうけ治療を始める事が大切です。

5.既婚者が、出会い系サイトで肉体関係を結ぶ場合は「性病」に注意まとめ

このように性病は感染すると厄介な病気です。また出会い系サイトでは性病を持った女性と出会う確率はどうしても高くなりやすいため、これから出会い系サイトを利用する方は性病への理解を深めた上で遊ぶ事をおすすめします。

出会い系サイトでダブル不倫を成功させる方法

09 不倫がバレないように

0534happy

出会い系サイトをご利用になろうとしている男性の皆さん。

きっと色々な想いがあることでしょう。

「妻とセックスレスで、毎日がつまらない」「妻のことを女性として見れなくなった」など女性が聞いたら怒ってしまうような複雑な心中があるものです。

そこで、そんな悶々とした気持ちを解消する方法のひとつが【出会い系サイトを利用した不倫】です。しかもおすすめするのは、【ダブル不倫】。

既婚者同士の不倫であるダブル不倫が、どうしておすすめなのでしょうか?

その理由や出会い系サイトを利用したダブル不倫を成功させる方法をご紹介していきます。

出会い系サイトを利用したダブル不倫がおすすめな理由

出会い系サイトは、携帯電話やスマートフォンを通して気軽に相手の女性と連絡がとれるというメリットがあります。

特に既婚者が日々の生活に刺激を求めるためにおこなう不倫は、できるだけリスクを背負わずに楽しめることが第1条件です。

その点で、出会いの幅が広い出会い系サイトは、非常におすすめというわけです。

また、男性であるあなたが【遊びの不倫】をしようと思ったら、相手も既婚者が良いでしょう。なぜなら、相手が本気になる可能性が低いからです。相手の女性が自由に恋愛をできる独身者の立場にあると、最初は遊びのお付き合いと思っていても、いつの間にか本気になってしまうケースがあるからです。

そこで出会い系サイトを利用した不倫をお考えなら、相手も自分も既婚者であるダブル不倫が安心でしょう。お互いにどこまで踏み込んでよいのかという、微妙な加減が分かっていますからね。

また出会い系サイトなら、事前にお互いのプロフィールが分かっているので、既婚者であることを負い目に感じることはありません。

既婚者が嫌なら最初からあなたを選ばないでしょうから、きっとあなたを選んでいる時点で不倫オッケーなサインとなっているのです。なかなか既婚者と出会える機会はありませんから、このように出会い系サイトを利用して効率的に恋愛に発展させていくことが出来るのも魅力の1つですよね。

出会い系サイトを通して、ダブル不倫を成功させる2つの方法

方法1、コミュニケーションは自宅以外でとろう

出会い系サイトを利用した人はお分かりになるでしょうが、とにかく相手からメールの返信や電話が来ると、すごく嬉しくなってしまいます。

でも、その場の感情の高ぶりに任せて出会い系サイトを利用していると、お互いに妻や夫に見つかってしまう可能性が高まるのでおすすめできません。

出会い系サイトを利用したダブル不倫を成功させたいなら、お互いに連絡をとる時間を決めておくことです。

出会い系サイトを利用して見事ダブル不倫を成功させている人たちは、「会社から出たら連絡を取らない」「日中だけ」「子供が帰宅したら、携帯は手放す」など、オリジナルのルールを決めて、そのなかでダブル不倫を楽しんでいるようです。

皆さんに覚えておいて欲しいのは、出会い系サイトを利用した恋愛はコミュニケーションが第一とはいえ、不倫の場合はばれてしまうというリスクを負っていることです。

好きな相手ができると夢中になって、いつでもどこでも連絡を取りたいと思ってしまうでしょうが、そこはグッと堪えて連絡をとる時間を決めておきましょう。

方法2、ダブル不倫に本気にならないと約束し合おう

出会い系サイトを利用しようとしている女性は、2タイプに分かれます。

1つ目のタイプは、本気で恋愛する相手を探している人。

2つ目のタイプは、この記事を見ているあなたと同様に出会い系サイトを通して、一時の刺激と癒し、まだ自分は現役だという自信を得たい人です。

出会い系サイトを通してダブル不倫するなら、お互いに【本気にならずに楽しむ】というスタンスを理解し会える人が良いでしょう。

「お互いに心の隙間を埋める程度にして、家庭は壊さないようにしませんか?」とダブル不倫を始めるときに公約を結んでおくことが、不倫のリスクを最小限にとどめます。

特に出会い系サイトを通してのダブル不倫は、きちんと線引きしておかなければだらだらと何度も何人とも続けてしまう可能性があります。

気軽に異性と出会える分、きちんと身を引き締めることがダブル不倫を心から楽しめる秘訣です。

まとめ

いかがでしたか?今回は、出会い系サイトを通してのダブル不倫をおすすめする理由や、ダブル不倫を成功させる方法をご紹介しました。

相手が独身の方が、何だかうまく行きそうな出会い系サイトを通しての不倫ですが、実はその逆だったのです!

お互いに既婚者の方が、これ以上進めてはいけないというボーダーラインがわかるので、案外進めやすいのです。

その上、出会い系サイトを利用すると、プロフィールで独身や既婚がわかるので、とても便利なポイントですよね。失敗なくダブル不倫を楽しむことが出来ます。

是非今回の記事も参考にしていただき、出会い系サイトを上手に活用してください。

不倫がバレないように心がけるポイント3つ

09 不倫がバレないように

0547happy

出会い系サイトなどの普及により、女性との出会い系ライフを満喫してる方も多いでしょう。

ですが、既婚者が遊ぶのも良いですが、その関係や行為を妻にバレるのだけは絶対に避けなければいけません!

不倫から離婚などに発展して最悪、職を無くして路頭に迷ってしまうケースだってあるのです。

そうならないためにも、不倫をバレないようにする心がけはとっても重要。

女性は男性よりも敏感な人が多いので、しっかりとバレないように予防線を張り、立ち回っていきましょう!

不倫がバレないように心がけるポイント3つ

不倫がバレるのは、女性の並々ならぬ不倫に対する嗅覚が原因であることが多いです。

行動や容姿、匂いまで、その全てにおいての異変を感じ取り不信感に変えてきます。秘密のヒトトキを悟らせないためにも、常日頃から妻以外の女性による痕跡には気をつけましょう。

隠し事はいつかほころびが出てしまうものですが、そうならないようにするために気をつけるべきポイントをまとめてみました。

1.スマホの通知やポップアップも落とし穴?

携帯チェックなどはする人としない人がいますが、

  • いつもそんなに持ち歩かないのに、必要以上にスマホを持ち歩いてしまう
  • 着信や通知音が鳴るたびに反応してしまう
  • アプリゲームなどを妻と見せ合ったりしている

このような人は要注意!

TwitterやFacebookなどでやりとりやメールやLINEでのやりとりでも、ポップアップとして通知が出てしまいます。

こんな小さな“うっかり”で不倫が発覚してしまう例もあるため、通知などをなくしたり、自分用のPCで連絡をとったりすることも大事!

不倫相手の名前を男の名前にカモフラージュする策士もいますが、やりとりの内容を見られてしまってはどうしようもありません。当たり前の作業として、既読後は痕跡をこまめに消すというのもおすすめです。

2.妻とばったり合わないためにも行動範囲は別々に

妻が働いているか、専業主婦なのかなどによって行動範囲は大幅に変わります。

ですが、妻がどういうところに行っているのかなどを把握していないと、不意に街中で目撃されたりされてしまう恐れもあります。

また、妻の友人などに目撃されるのも要注意!

ですが、そこまで考えるとキリがないので、少なくとも自分たちが住んでいるところや、生活圏からは離れたところが良いでしょう。

不倫相手にはどこに住んでいるなど正確に伝える必要もないため、偽った住所を伝えその周辺で遊んだりすれば自分と関わりがある人と会う機会も減らせます。

3.不倫相手にも要注意?

どんな相手と不倫するかも非常に重要な部分。

関係を切ろうとしたときにうまく関係を断ち切れず、中には家や職場に訪れて、相手の生活をメチャメチャにしようとしてくる人もいるからです……。

互いに一時的な欲求を満たすための肉体関係に留まれれば良いですが、本気で好きになられて切るに切れない関係になることは避けたいところ。

そういう面倒くさいことにならない女性を選ぶのも大切です。

自分の情報を必要以上に相手に与えず、住所や職場などの個人情報はもちろんのこと、結婚しているか?してないか? も重要と言えるでしょう。

浅い関係にとどめておくならば必要ないことは教えない、嘘の情報を教えるなどして、いざという時のために予防線を張っておくのがおすすめです。

いざという時の保険もしっかりと

いくら緻密に不倫発覚を防止しても、ちょっとしたところからバレてしまうこともあるため油断は大敵。

妻がどれだけ不倫に敏感なのかにもよりますが、どんな女性でも「なんか怪しいな」と思うことはあるでしょう。

バレそうになった事を考えておけば、いきなり問い詰められてもうまく言い逃れできます。そうならないように普段から注意を払い、日常生活を送っていきましょう!

ページの先頭へ