50代熟女は最高のターゲット

50代熟女は「時には娼婦のように~♪」なんて歌をリアルタイムで聞いてきた世代です。日本人の男性が考える、理想の大和撫子というのはまさにいまの50歳以上の熟女のことかもしれません。

もちろん出会い系攻略のターゲットとしても最高です。

なぜ50代熟女が最高のターゲットなのか?

彼女たちは、約束を守ってくれます。そんな当たり前な……と思うかもしれませんが、インターネットという顔の見えない世界では、いとも簡単に約束がやぶられてしまうものなんです。特に若い子はドタキャンばっかりです。あいつらは約束を破ることをなんとも思っていません。

しかし、もう何十年と大人として生きてきた熟女たちは、そんな失礼なことはまずしません。一度した約束は必ずと言ってもいいほど守ってくれます。もちろん、なにか突発的な事情で約束を果たせない場合もまれにありますが、そういった場合もきちんと非礼を詫びた上で連絡をくれるのですから、嫌な気持ちにはなりません。

そして、いざ親密な関係になったときは……その淑女の顔からは想像もつかないほど、淫らに乱れてくれるものです。この顔を知っているのは自分だけ、という優越感も味わえますし、実にねっとりとした濃厚なセックスも味わえます。

それにいまや50代熟女もみんなスマホを持っています。

いわゆる「らくらくケータイ」といったタイプではなく、iPhoneやAndroidといった若い子たちでも使いこなすのに苦労する最新スマートフォンを使っている熟女たちも珍しくありません。

オバサン=機械に弱い、というのは偏見です。いまやSNSの主要ユーザーはオバサンなんです。

そして、お年寄り特有の「横のネットワーク」というものが、さらに出会い系を広めているんです。人はいくつになっても、異性といちゃつきたいもの……。昔であれば、そのチャンス自体がなかなかありませんでしたが、いまはスマホ一つで気軽につくれる、ということが徐々に認知されてきています。

それでおいしい思いをした人が、ここでこんなことがあったの、と友人に話し、なら私もやってみようかしら……と口コミでドンドン広まっているわけです。

ほんとうにエッチな50代熟女がインターネットにはあふれているんです。ぜひトライしてみてください。

50代熟女を実際に誘うときはどうしたらいいのか?

50代熟女を実際に誘うときはどうしたらいいのか?

まずはどのへんに住んでいるのか聞きましょう。

そしてあなたがその場所に詳しいのなら、その場所の情報で盛り上がりましょう。

「ぼくも○○に行ったことがあるよ。あそこはご飯が美味しいね」

みたいなかんじですね。

よく知らない場所なら、どんな場所か、どんなお店があるかを聞きましょう。

そのうえで、その場所に一緒に行こうと言ってみましょう。

その他、結婚している女性なら、最近の夫婦仲を聞きましょう。

出会い系に参加している女性なんて大抵は夫婦仲が悪いので、一緒にストレスを発散するように誘いましょう。

50大熟女に実際に会ったら?

実際に会った時は視線に気をつけてください。

男性の多くは女性の胸元などに視線がいってしまうそうですが、仲の良い人なら「どこ見てるの?」と笑いながら注意することができますが、初対面の男性が同じような視線を向けてくると、体目当てに近づいてきたかのような印象を持ってしまうので、警戒されてしまいます。特にチラチラ見てしまうと、より怪しく感じてしまいます。

絶対に見ないというのは難しいと思いますが、一緒にいる時はできるだけ相手の目や口元などを見るように意識するのが良いと思います。

よく就職活動の時には相手のネクタイを見るように言われますが、女性の場合はすぐ下が胸元になってしまうのでダメです。「目は口ほどにものを言う」という言葉そのものです。楽しそうに笑顔で相手の目を見ることができたら、口下手でも好印象です。

清潔感

それから、会った時には清潔感も大切。

女性の多くの人は、男性に対して、清潔感のある人に好感を持っています。それは、いくらかっこいいとおもう男性が、不潔であると思うと、いくら好きでも、嫌になってしまうことがあるのです。

そのことからも、初対面の女性に好感を持ってもらうためには、清潔感のある服装や、身なりを整えることが大切と思います。

その清潔感があるというのは、その人にとって無理をすることではなく、服装がおしゃれでなくても好感を持つことができます。

そのため、ヒゲをきれいに剃っていることや、汚れていない服装や靴を履くといった、基本的に大切な事を、しっかりと行える男性に、安心感を持つことが出来るので、その結果、好感を持つことにつながると思っています。

50代熟女との体験談

50代熟女は最高のターゲットここからは50代熟女との思い出話です。

その当時、わたしは年下の彼女と別れて、一人になっていました。年下の彼女は、浮気はするし、わがままだしで少し疲れていました。

年上の優しい女性に甘えたい……そんな想いが強くなってきました。一人でオナニーを重ねて、夜が本当に寂しかったのです。

そんな時に出会い系サイトをはじめました。

本当に年上の優しい女性に出会えるのか!?半信半疑で、不安なまま始めました。でも、期待で胸が膨らんでいました。

ドキドキしながら、女性を検索しました。すると30代、40代、50代と様々な年代の女性がいました。

50代の女性数人とメールのやり取りをしてみました。本当に年上の女性は優しくて、包み込む優しさがあります。

最初はどんな女性がいるのか、本当に出会えるのか、メールはちゃんと来るのかなどものすごい不安でした。

でも、年上女性は仕事の話を聞いてくれて、アドバイスをくれて、こんなわたしを励まして、ほめてくれました。

もうわたしは年上女性の魅力にどっぷりはまってしまい、いろいろな出会い系サイトにものめりこんでしまいました。メールを見ながら、オナニーするときもありました。

仲良くしてくれる人の中で、50歳のOLさんがいました。彼女も独身で、一人の夜がさみしいと言っていました。ものすごく共感して、一緒に寂しさをあたため合いたいと思うようになりました。

わたしは勇気をだして「夜会いたい」とメールしました。すると「私も勇気出すね。すごくあなたに会いたい」と言ってくれたのです。

メールを見ながらオナニーしている時は、まさか会えるなんて思っていませんでしたが、相手も同じ気持ちだったのがすごくうれしかったです。

ファッションビルの前で待ち合わせをして、待っている時本当に来てくれるのかまだ信じられなくて、心臓がはちきれそうでした。

でも彼女は、来てくれました。50歳の大人の女性らしくタイトなスカートにジャケット、中は真っ白なぴったりなキャミを着ていました。

綺麗な形のお尻はプリッとしていて、胸ははち切れそうで、谷間がくっきり出ていました。わたしは、股間が膨らむのを我慢していました。

すると彼女は、くすっと笑って、わたしのズボンのちん○の形を指でつーっとなぞりました。わたしはびくんとしてしまい、恥ずかしくなりました。

「ホテルにいこうか?^^」と彼女は言ってくれました。「本当に、い・い・いいんですか!?わたしなんかと・・・!」「私は、わたしがいいの^^」

二人で腕を組みながらホテルに行きました。部屋に入ると、彼女は優しいキスをしてくれました。

わたしはそのキスで、理性が吹っ飛び、彼女の胸をモミながら、ディープキスしました。ちゅぱちゅぱといやらしい音が響いて、股間がはちきれそうでした。

ズボンをおろし、もどかしいパンツも脱ぎ捨てました。すでに先っぽから汁がでていました。

すると彼女は、「私も濡れてる・・・一緒だね^^」と優しい笑顔をしてくれました。そしてわたしの手を彼女の股間に導いてくれました。

すごいぬれぬれで、わたしも余計に汁がでてきました。その後、優しくフェラをしてくれて、我慢できなくなったわたしは、彼女のおまん○にゆっくりと入れました。

「あ~っ」すごい気持ちよかったです。ゆっくりと動かしていき、パンパンと音が響くようになると彼女もものすごい感じて、腰を振ってくれました。

正常位から、乳首を舐めながらつまみながらの騎乗位をして、最後バックで激しく中をこすりあげました。わたしは、彼女のお尻に精子を沢山だしました。彼女もびくっびくと体を震わせていました。一緒にイッたのは初めてでした。

まさか、出会い系サイトを最初利用した時は、素敵な女性とこんなに激しいSEXが出来るなんて思ってもみませんでした。

出会い系を迷いながら始めて、どっぷりはまって、そして快感のSEXへとたどり着くことが出来ました。