一円も使わずに人妻セフレを作る方法

01 不倫の基礎知識

一円も使わずに人妻セフレを作る方法みなさん初めまして。青山二郎といいます。わたしは45歳のおじさんです。そしてチビでデブです。頭も薄くなってきました。

そして妻とはずっとセックスレスです。

週に一回の風俗通いだけを楽しみにこれまで生きてきました。他に楽しいことなんて何もありませんでした。

しかし、出会い系サイトを利用して人生が一変しました。

たくさんの出会い系サイトの中から完全無料で利用できるところを発見して、一円も使わずに人妻セフレを作ることに成功したのです。

人妻セフレができてからは、本当に楽しい日々です。

  • 素人の
  • かわいい人妻と
  • 好きなだけセックスをして

一円も金を払う必要がないのです。最高の人生です。はっきりいってセックスができる人妻がいれば他になにもいりません。わたしはわたしの人生に十分に満足しています。

いままでのように時間を気にして、いじきたなく、1分でも多く女の体を触っていたいなんて思うこともなくなりました。女の扱いがスマートになり実生活でも少しはモテるようになりました。

それもこれも無料で使える出会い系サイトを発見したおかげです。

さらに、2人目3人目とどんどん人妻セフレを増やすことにも成功しています。

しかもフリーメールで利用できるので、こちらの個人情報を入力する必要はまったくありません。

そうです。

現在、ほとんど金をかけずに安全に人妻セフレを作ることが可能な時代になっているのです。

  1. お金のかからない無料の出会い系サイトが増えています
  2. そして「おごられるのがあたりまえ」と考える女性がどんどん減っています
  3. 草食系男子がどんどん増えているので出会い系サイトが女性優位でなくなってきています

以上の3つの理由から、出会い系での人妻セフレ探しは簡単になり、なおかつお金がかからなくなっているのです。

わたし青山二郎が利用しているオススメ出会い系サイト

それでは実際にわたし青山二郎が利用しているオススメ出会い系サイトを紹介します。すべて完全無料でフリーメールで利用できるので安心してください。

完全無料出会い系サイトに登録するときは、既にフリーメールアドレスをお持ちの方も、出会い系サイト専用のメールアドレスを取得しておくことをおススメします。

フリーメールアドレスを作るのは簡単だし、いろいろな場面で使用することができます。

不倫広場

一円も使わずに人妻セフレを作る方法

不倫系出会い系サイトでいちばん規模が大きいのが不倫広場です。かなりフットワークが軽い人妻が多くて「今日の夜会える?」なんていうメッセージが飛びかっています。

女性会員も非常に多いし、ご近所検索も充実。セキュリティも万全で非の打ち所がありません。

フリーメールで登録できるのも不倫という立場上安心ですね。

いますぐ「不倫広場」を使う

奥様の直アドファイル

一円も使わずに人妻セフレを作る方法

若奥様狙いなら奥様の直アドファイル。まだ体もピチピチなのに、都合のいいセックスができる若妻は最高ですね。

検索システムが非常に充実しているので理想の人妻を見つけやすい。条件の絞り込みがうまくできているのでマッチングが非常に簡単です。

サポートも充実しているので安心です。

いますぐ「奥様の直アドファイル」を使う

直アド@MAX

一円も使わずに人妻セフレを作る方法

人妻ではない普通の女の子と出会いたいなら「直アド@MAX」。どこぞのサイトの様に「直アドを送るとペナルティ」なんていう設定はまったくありません。どんどん直アド交換して出会いを勧めてください。スグに出会いたい男女を週刊誌・女性誌・成年誌・WEBで広告を出して集めておりますので、ムダ無く初心者もスグに出会えます。

いますぐ「直アド@MAX」を使う

仕事関係者との不倫はリスク大! 出会い系サイトをおすすめする理由

09 不倫がバレないように

仕事関係者との不倫はリスク大! 出会い系サイトをおすすめする理由

不倫関係になるきっかけの多くは、仕事関係と言われています。

「男性上司と女性部下」という典型的な間柄だけでなく、取引先や仕入れ業者、配達関係者、また、同じビルの別会社の社員など、仕事や職場を通じて知り合う人と不倫関係になるケースが多くあります。

しかし、仕事関係者との不倫ほどリスキーなものはありません。われわれ既婚者は、ぜったいに仕事関係者と不倫をしてはいけません。

不倫相手を選ぶなら、リスクのない出会い系サイトに限ります!

仕事関係者との不倫のリスクと、出会い系サイトのおすすめ理由をご紹介します。

1.仕事関係者との不倫が起こりやすい背景

「社内不倫はアブナイ」、と分かっていても、不倫関係の多くは仕事関係の中で生まれています。それには、以下のような理由があるのです。

接触の機会が多い

社内の職員同士や、頻繁に顔を合わせる関係者とは、接触の機会が多くなります。いつも顔を合わせている相手には、よほどの嫌悪感がない限り、人は「親しみ」を覚えます。「いつも一緒にいる」というだけで、不倫関係は起こりやすいのです。

人間的な関係が生まれやすい

仕事上の関係であっても、たまにプライベートの話をすることもあります。また、仕事で見せる表情とは違うくつろいだ表情を見たり、思わぬ優しい言葉をかけられたりすると、男性も女性も心は動いてしまいます。

職場は人間的な関係が生まれやすい環境にあり、不倫関係も生まれやすいのです。

2.仕事関係者との不倫のリスク

仕事に影響を及ぼす

仕事関係者と不倫をしている人は、「仕事には影響のないように上手くやっている」と思っています。

しかし、本人が気づかないところでいろいろな影響が出ています。どんなに仕事と不倫を切り離していても、不倫相手を完全なビジネスパーソンとして見ることはできません。

仕事に手心を加えたり、感情的になってしまったりしやすくなります。男性側は比較的上手くコントロールできますが、女性側がそうとは限りません。仕事中なのに、気を引くために不機嫌な態度を取ったりすることがあります。

バレやすい

仕事関係者との不倫はリスク大! 出会い系サイトをおすすめする理由

もっとも大きなリスクは、バレることです。

当人たちは上手く隠していると思っても、まわりは気がついています。

「あやしいな」と思われてしまうと、それとして行動を注視されるので、容易に確定的な証拠を押さえられてしまいます。

不倫相手との関係がこじれたときが厄介

不倫関係が上手くいっているときは良いのですが、関係がこじれると厄介です。特に女性側は別れたくはないのに、男性側が関係を終わらせようとすると、わざと職場でバレるような行動をとったり、仕事の邪魔をしたりする場合があります。

仕事上オープンにしているメアドやSNSを使って、嫌がらせをするケースや、「不倫関係を強要された」と、セクハラで訴えるなどというケースは、かなり厄介です。

バレると仕事の評価にも響く

不倫関係が職場にバレてしまうと、仕事の評価に響きます。

一昔前のように、「浮気は男の甲斐性」などという職場はどこにもありません。不倫はコンプライアンス的にもアウト!です。社内では人事や役職に影響を及ぼし、関連会社の相手では、場合によっては損害賠償に発展する恐れもあります。

バレると失うものが大きい

仕事関係者との不倫がバレてしまうと、職場でのポストを失い、重要な仕事を任されなくなるばかりか、人としての信用そのものも失いかねません。直接または、間接的に家族にも知れることになり、最悪の場合は家庭も失ってしまいます。

このように、仕事関係者との不倫はバレやすく、バレると失うものが非常に大きいリスキーなものです。

3.出会い系サイトをおすすめする理由

詳しい身元を明かさずに関係を持つことができる

仕事関係者との不倫はリスク大! 出会い系サイトをおすすめする理由

仕事では、ほとんどの場合、本名や年齢などの素性を公開しています。特に同じ会社内であれば、学歴や職歴、おおよその居住地も知られています。また会社用の連絡先(電話番号・メアド)だけでなく、プライベートの連絡先も知られる環境にあります。

出会い系サイトの場合は、こうした個人情報を知られずに不倫関係を始めることができます。また、万が一不倫関係がバレたときのリスクを抑えて、不倫相手を見つけることができます。

周囲にバレにくい

仕事関係者との不倫では、共通の知り合いがたくさんいることで、関係がバレやすくなります。出会い系サイトの場合は、出会い系サイト以外に、何の接点もないため、周囲にバレるリスクはかなり低くなります。

不倫関係にあることを、当事者以外は知りようのない状況にしやすいことも、出会い系サイトの大きなメリットです。

こじれたときにも、縁を切りやすい

仕事関係者との不倫では、関係がこじれ、縁を切りたくても、仕事上の関係があるためなかなか簡単にはいきません。しかし、出会い系サイトであれば、仕事上の関係などはなく、連絡方法も限られているので、比較的簡単に縁を切ることができます。

つい出来心で、仕事関係者との不倫を始めてしまいがちです。しかし、仕事関係者との不倫はリスク大!です。出会い系サイトを利用して、リスクの少ない不倫関係を始めてみましょう。

不倫ではなく「よろめき」をおすすめする理由

02 不倫の心がまえ

不倫ではなく「よろめき」をおすすめする理由

今や小学生でも「不倫」という言葉を知っています。

TVで相次いで報道される「不倫」。

「ふりん」という、なんとも可愛らしい響きではありますが、これまでに不倫はさまざまな呼ばれ方をしてきた歴史があります。

  • 浮気
  • 不貞な行為
  • 不義密通
  • 姦通

などがありますが、これらは微妙に意味合いが異なります。

「浮気」は、「ほんの出来心だってば!ホントはお前のことが一番!」で許されることもありうる「遊び」的なもの。浮気をしている当人も、浮気相手も、当人の奥さんも、みんな大人で深刻な事態にはなりにくいイメージがあります。

「不貞な行為」は、調停や裁判で用いられる「不倫」の名称です。「ふりん」の可愛らしさを一掃し、もちろん「浮気」のような遊び的要素もありません。

「不義密通」や「姦通」は、かつて「不倫」が刑法上罰せられる罪であった時代の呼び方です。

可愛らしさも遊び感覚もなく、そこにあるのは「罪」だけです。

このように、いろいろな呼ばれ方をしてきた「不倫」ですが、今、ここに復活を望まれる呼ばれ方があります。

それは、「よろめき」です。

「よろめき」の官能効果とは

不倫ではなく「よろめき」をおすすめする理由

よろめきとは、1957年発刊の三島由紀夫著「美徳のよろめき」で世に広がった言葉です。「美徳のよろめき」は、人妻の不倫を描いた作品で、表現の美しさを追求した三島文学の中においては、大衆的という評価もありますが、官能的な世界観を存分に味わえる作品です。

昨今の不倫に関する記事を、この官能的な「よろめき」に変えて表現してみましょう。

  • 元祖「ゲスよろめき」のミュージシャンKさんが、報道バラエティで赤裸々に当時の心境を告白しました
  • N政務官は「ストーカーよろめき」により辞任に追い込まれました
  • ファンキーKさんは、芸人Sさんの元妻との「ダブルよろめき」を認め謝罪しました
  • 「五体不満足」の著者Oさんは、5人の女性と「よろめき関係」にあったことを認め、謝罪文を自身の公式サイトに公開しました

「ゲス」や「ストーカー」という恐ろしい言葉の響きを、「よろめき」が見事に打ち消しています。

そして、ダブルよろめきの場合は、よろめき感が確実にアップしています。

また、乙武さん(あ、言っちゃった)の5人との女性との「よろめき関係」に至っては、もしかして同時に!?乙武さん(あ、また言っちゃった)を含めて6人同時によろめいちゃったの!?という、想像力をかきたてます。

「不倫」ではなく、「よろめき」をあてがうことによって、確実に官能的なイメージを印象付けることができるのです。

「よろめき」の危険回避効果

「よろめき」という言葉には、官能効果だけでなく、危険を回避する効果もあります。

大物俳優のWさん、ニューヨークでの「手つなぎよろめき写真!」

数々の映画で活躍の大物俳優も、お疲れ気味であったのかもしれません。

「よろめき写真」と言われても、「いや、これ転びそうになって、よろけちゃってね……」という言い訳が、通りそうな可能性を感じさせます。

小さな子供に「ねぇねぇ、フリンってなーに?ゲスフリンってなーにぃ!?」と、しつこく聞かれて困った親御さんも多いでしょう。「もう!大人になったら分るから、いいのっ!」と言っても、子供の知的好奇心がおさまるはずはありません。

しかし、「よろめき」であれば、どうでしょう。

「よろめきはね、ヨロヨロっとしちゃうことよ。大人になったらヨロヨロしちゃうの」で切り抜けられるでしょう。もちろんウソも言っていません。

「よろめき」は危険を回避し、なおかつ子供の教育にも効果があるということです。

「よろめき」の退廃感を味わう

そもそも「よろめき」とは、シャンとしたものが崩れていくことです。

前出の活躍していたミュージシャンも、将来が嘱望された二世議員も、乙武さん(また言っちゃった)も大物役者も、シャンとしたものがあったからこそ、よろめいたのです。

もともとグズグズのグタグタであれば、よろめくことすらできないのです。

自分が築き上げ仕事や平和な家庭があり、あえてそれを崩してみたい、という退廃感を味わうのが、「よろめき」の醍醐味なのかもしれません。

出会い系サイトで「よろめき」を見つけよう!

最後に、実践です。

プロフィールやメールで、「不倫相手募集中」と言えなかったあなた。是非「よろめき」を活用してお誘いをかけてみましょう。

45歳会社員の男性です。

妻と子供がいますが、よろめきたい気分です。

運動不足を解消するために始めた身体づくりにハマってしまい、腹筋が割れてきました。この身体を自分だけの視的快楽に使っていいのだろうか?もっと、有効に使う方法はないだろうか、と考えています。

そんな身体ごと、いや、この精神のすべてを崩してしまいたい、そんな衝動に駆られるときがあります。

「よろめきたい」

私はよろめきを求めています。

おそらく、とてもなまめかしい人妻が、誘いに乗ってくることでしょう。

既婚者が不倫相手を探すための出会い系サイト選び

12 出会い系サイトの選び方

既婚者が不倫相手を探すならぜったいに出会い系サイトがオススメ。

職場での不倫はぜったいNGです。バレやすいし、バレなかったとしてもその後の仕事に大きな悪影響になってしまうから。

でも、今では出会い系サイトの数は増え、どれを選んだらいいか迷ってしまうもの……。

のびのびと出会い系で不倫セフレ作りに取り組むためには、自分にとって最適な出会い系サイトを選ぶことが重要になります。

そこで、出会い系初心者でも安心! 出会い系サイト選びで大切なことをご紹介します!

1.有料で優良な出会い系サイトを選ぼう

出会い系には完全無料のサイトやアプリが数多くありますが、おすすめはできません……。

お金がかからないというメリットがある反面、「利用しやすい」というのは悪徳業者のサクラも入り込みやすいということ。

また、個人情報を集めるために悪徳業者自体が運営していたというケースも……。

そのため、無料の出会い系サイトには悪質ユーザーが多く、出会いに繋がりにくいのです。

登録者数やアクティブユーザーが多いサイトを調べてみると、そのほとんどが有料サイト。

有料サイトは大勢のサクラを抱える悪徳業者にとって活動しにくい環境です。

活動費用だってかかりますし、セキュリティー面や悪質ユーザー対策が充実しているため無料の出会い系に比べればサクラの数は少なくなります。

お試しで使うなら無料のものでもいいですが、本気でセフレ作りに取り組むのであれば有料で優良な出会い系サイトを選びましょう。

2.SNSと連動した出会い系も出会いやすいが……

FacebookやLINEなどのSNSと連動したアプリも、それなりに出会いやすいですね。

普段使い慣れたアプリと連動しているから使いやすく、アクティブユーザーが多いため出会いに繋がりやすいという特徴があります。

また、それぞれのアプリに独自の魅力があるのも人気の秘密。

例えば、Facebookは登録条件の厳しさから安全性が高く、幅広い用途で使えるというメリットがあります。

また、LINEは若い年齢層の女性と知り合うチャンスが多く、掲示板を利用するためお金が一切かからないというのはお財布に優しいですよね。

しかし、この手のアプリは、SNSと連動しているがゆえに不倫がバレやすいという注意点があります。ぜったいにバレないという自信があるかただけが利用しましょう。

3.登録者数ではなくアクティブユーザーに注目!

出会い系サイトを選ぶのであれば、登録者数やアクティブユーザーは多いところがベスト。

しかし、「登録者数100万人突破!」と謳っていても実際に100万人の女性が利用しているとは限らず、男性や放置、退会している人を含めている場合があります。

大切なのは登録者数ではなく、リアルタイムで利用しているアクティブユーザー。

でも、アクティブユーザーの数が分かる出会い系サイトは非常に少なく、ユーザーが明確な人数を知ることは難しいです。

アクティブユーザーの数を知るために口コミや評価を参考にするのも大切ですが、実際に入会して女性の数や掲示板の雰囲気から自分で判断するのが1番。

登録者数やアクティブユーザーの多さは出会いやすさに関わる大事な項目なので、多少面倒でもしっかり吟味していきましょう。

4.自分にピッタリの料金プランを

出会い系の利用料金は定額制かポイント制のどちらかを採用しているところが多いです。

定額制は一定の料金でサイト内サービスが使い放題、ポイント制は機能を使う毎にポイント(料金)が発生するタイプのこと。

定額とポイント、どちらを選ぶかは自分の利用頻度で選ぶのが良いでしょう。

定額制の相場は1ヶ月で3,000~4,000円程度、ポイント制であれば1Pは10円で、1通のメールを送るのに50円かかります。

沢山の女性にアプローチしたい人にとっては定額制の方がお得ですし、そこまで頻繁に使わない人にとってはポイント制の方が余計な費用がかからないという利点も。

ポイント制はメール送信以外にも色んな場面でお金がかかるので、出会い系初心者や使いすぎてしまう人には定額制の方がおすすめかもしれません。

利用頻度や予算を考え、自分に合った料金プランのサイトを選びましょう。

5.無料特典は最大限に活用しよう!

口コミやレビューを調べても、実際の使用感や雰囲気までは感じづらいところ。

そこまで詳しく知りたいのであれば、無料特典を活用しつつ選ぶというのが効果的です。

主に無料特典はポイント制の出会い系に多いですが、メールや掲示板を利用してアクティブユーザーやサイト内の雰囲気を確認するのにはピッタリ。

定額制であれば長期間のプランでお得になるサイトがあり、お試しで利用できないものの長い期間使う人には嬉しい特典があります。

賢く出会い系サイトを選ぶためにも、こういった特典は最大限に活用していきたいですね。

不倫相手を探すための出会い系サイト選びまとめ

6.出会い系選びで大切なのは、色んなタイプのサイトやアプリについてしっかり調べること。

セキュリティー面やアクティブユーザー、料金プランなどを幅広く下調べして比較し、自分にピッタリの出会い系サイトを見つけるのが大切です。

既婚者が、効率良く不倫相手をためには口説くテクニックからではなく、まずはベースとなる出会い系サイトやアプリ選びから取り組んでいきましょう!

既婚者が、出会い系サイトで肉体関係を結ぶ場合は「性病」に注意

09 不倫がバレないように

既婚者が、出会い系サイトで肉体関係を結ぶ場合は「性病」に注意

既婚者のみなさん。出会い系での不倫関係楽しんでいますか?

さて出会い系サイトで出会った不倫人妻と肉体関係を結ぶ上で注意したいのが性病

やはり出会い系サイトの不倫人妻は性病を持っている方も多く、性病になると取り返しのつかない事態になる事もあります。

あなたが奥様とセックスレスの場合は問題ありませんが、セックスで性病をうつしてしまった場合は、浮気バレの原因にもなりかねません。

ここではそんな出会い系サイトでの不倫と性病について特集していきます。

1.蔓延する性病

性病の感染率は例年増加しており、問題は深刻化しております。

日本は先進国の中でも感染率が高く、特に10代、20代の若い世代での性病の蔓延が進んでいます。2012年文部科学省の関係団体・日本性教育協会(JASE)が調査したデータでは、日本の女子高生の性病感染率は約17%(8人に1人)という統計が出ており、世界トップクラスの水準となっています。

またこれはあくまで全般に向けた調査データであるため、不特定多数の男女の間での性交渉が蔓延している出会い系サイトの場合、利用者の性病の感染者率はさらに高くなっている事でしょう。

特に出会い系サイトを長らく利用している女性の場合、性病を持っている可能性は高く、そんな女性と出会い肉体関係を結んでしまうと、あなたも性病を患う可能性が高くなります。

2.性病に感染する確率は?

性病と言っても、クラミジア・梅毒・淋病・HIVなど様々な種類があり、性病のタイプにより感染率が異なります。例えばポピュラーで感染率も高い「クラミジア」の場合、その感染確率は30%~50%と高い数値であり、危険性が高いHIVにおいては感染率は0.01%~0.05%と低くなっています。

なお同じ性病であっても、性行為の方法で感染率は変わってきます。クラミジアを例とすると、オーラルセックスのみでの感染確率は20~30%にとどまりますが、挿入ありの性行為となると感染確率は30%~50%に跳ね上がります。

また、すでに性病を患っており、性病により性器や口などの粘膜が炎症を起こした状態でセックスを行うと、さらに性病に対しての感染確率は上がります。

3.性病になった場合のリスクは?

性病に感染するとまず身体に害を与えます。これも性病の種類により異なりますが、例えばクラミジアであれば性器が炎症をおこし痛みやかゆみを感じるようになり、セックスそのものもし難くなります。現在一番恐ろしい性病であるHIVにおいては、放置しAIDS(エイズ)に発展すると、免疫力が低下し最悪の場合死に至ることも。また性病は自然治癒はなかなかせず完治させるには病院に通う必要があるため、治療費や手間もかかります。

そして、出会い系サイトで性病に感染してしまうと、あなたの奥様にも性病を感染させ苦しめてしまうリスクもあります。それにパートナーがいる状態で性病に感染してしまうと「私性病に感染してないし、じゃあどこで感染したの?」といった話にもなってきますので、家庭崩壊や別れる原因となってしまう事もあります。

4.性病を防ぎつつ出会い系サイトで遊ぶには?

そんな性病のリスクがあったとしても、それでも出会い系サイトで遊びたい方もいるかと思います。

その場合は、次のような心掛けが大切です。

あまりに軽い女性には手を出さない

既婚者が、出会い系サイトで肉体関係を結ぶ場合は「性病」に注意

遊び慣れてそうな女性が実はお堅い人だった、清純そうな女性が遊び好きで性病を持っていたという事もあるので、「こういった女性なら性病は大丈夫」と明確に述べる事はできません。とはいえ、「すぐに会ってセックスしよう」、「身体がさみしい」、「今までに何十人もの男性と出会い系サイトで関係を持ってきた」などと言っている女性は、やはり性病に感染している確率は高くなります。そういった余りに軽そうな女性には注意した方がよいでしょう。

症状に注意を払う

相手の女性が性病に感染している場合、「性器からおりものがでており臭う」、「身体に斑点がある」、「恥部周りに炎症の後がある」など性病の症状が見受けられる場合があります。こういった女性の場合、今現在性病に感染している、もしくは最近性病に感染していた可能性が疑われますので、セックスをする場合は注意を払う事が大切です。

挿入行為は行わない

前述もした通り、挿入行為があるセックスは最も性病の感染リスクが高まります。このため、手や口を使った挿入行為のないセックスにとどめる事で感染確率を減らせます。ただしオーラルセックスなどでも感染する可能性はゼロではありませんのでその点は頭に入れておく必要があります。

避妊具を使う

もし挿入行為のあるセックスをする場合は、避妊具(コンドーム)が一つの防衛策となります。避妊具を使う事で感染確率を劇的に減らす事ができます。ただし避妊具を使っても感染してしまう事もありこちらも可能性はゼロではないので、その点は頭に入れておく必要があります。

性病に感染してしまったら

もし出会い系サイトで女性と肉体関係をもち、性病の疑いのある症状が出始めたら、まずは医師の診断を受けてください。性病は自己判断する事は素人には難しく、また放置すると悪化し治療に手間がかかる事もあります。疑いがある場合は早めに診察をうけ治療を始める事が大切です。

5.既婚者が、出会い系サイトで肉体関係を結ぶ場合は「性病」に注意まとめ

このように性病は感染すると厄介な病気です。また出会い系サイトでは性病を持った女性と出会う確率はどうしても高くなりやすいため、これから出会い系サイトを利用する方は性病への理解を深めた上で遊ぶ事をおすすめします。

出会い系サイトを選ぶ時に気をつけたいこと

安心安全出会い系攻略

出会い系サイトを使う前って、やはり不安に感じることが多いと思います。中でも「サクラに騙されて結局出会えないまま課金だけしてしまうんじゃないか?」というのが、一番大きな不安でしょう。

それを防ぐためには、登録前にきちんとしたサイトを選ぶことが大切です。ここでは出会い系サイト選びの基本をお教えします。

サイトの雰囲気を確かめる

出会い系サイトに登録する前に、そのサイトの雰囲気を確かめておきましょう。きちんとしたサイトであれば、登録前に多くのページを見せてくれます。逆に早い段階で「ここから先は有料会員のみ」という表示が出るところは、あまり中身がないかもしれません。会員数などは自己申告ですので、いくらでも水増しができます。サイトが出しているデータよりも、自分の目で確かめたものを信じるようにしましょう。

サイトの雰囲気は、明るいものの方がいいでしょう。あまりに怪しい雰囲気だと、怖がって女の子の登録者が少ないことがあります。

けれど気をつけてほしいのが、イメージタレントを前面に押し出しているサイトです。可愛いグラビアアイドルなどを使っていると雰囲気は明るくなるのですが、それは男性会員を集めるための客寄せパンダに過ぎません。女の子はどちらかと言うと、グラビアアイドルがトップに出ているサイトには尻込みしてしまいます。そのアイドルと自分を無意識のうちに比べてしまうからです。

サイトの雰囲気は明るく、けれど誠実そうなイメージを大事にしているところがいいですね。

サクラについて口コミを探してみる

良さそうなサイトを見つけても、サイトに書いてあることだけを鵜呑みにしてはいけません。ネット上にはたくさんの掲示板があるので、そこでそのサイトの口コミを探してみましょう。

掲示板の体験談は虚実入り混じっているのが現実ですが、中には「これは信用できるかも?」と思えるリアルなものがたまにあります。男性側の「ここでは出会えなかった」「サクラがいた」などの悪い口コミがあまりに多いようなら、やめておいた方が無難です。反対にあまりに褒める口コミが多すぎても、その口コミ自体がサクラである可能性があります。気をつけて見極めるようにしてください。

出会い系サイトは、適度に言及されていて、いい口コミも悪い口コミもバランス良くあるのが理想です。男性の体験談をしっかり探して、ネット上でどういう立ち位置にいるサイトなのか(大手なのか・老舗なのか・新しいのか)を確認してから登録しましょう。

恋して散財して経済を支えているのは中高年だ!

02 不倫の心がまえ

世間はいつから「不倫」に対して、このような厳しい目を向けるようになったのでしょうか?

どう見ても「浮気」というレベルの「おイタ」でさえ「許すべきではない!」という風潮もどうかと思いませんか?

「不倫」がバレてしまった有名人は謝罪。その謝罪のしかたにも難癖をつけられる。

仕事がなくなり、家族も失うのであれば、そんなリスキーな「不倫」なんてしたくなくなりますよね。

しかし、それでもしたい「不倫」。あえて「不倫」をしたいわけではないけど、自分か既婚者だったら、「恋すれば不倫」もしくは「恋すれば離婚」です。

どっちを選びますか? ……不倫ですね。

40~50代以上の人は、恋愛に貪欲で、不用意に恋に落ちる傾向があるといわれています。

ドイツの経済学者の著書「恋愛と贅沢と資本主義」によると、恋して散財することこそが経済を豊かにするといっています。恋愛による散財とは相手に貢ぐことだけではありません。

身なりを整えたり、高いお店で飲食したり、安いラブホではなくそこそこの高級ホテルのいい部屋をとったり、相手を喜ばせるためにお金を使うこともあります。また、出張と称して一緒に旅行することも、立派な経済活動になるのです!

しかし、この考えに理解を示すのは、40~50代以上の「バブル期体験者」だけです。

これより若い世代は「不況」しか知りません。恋愛による散財も体験しておらず、恋愛以外の生活っぷりをみても「禁欲・節約こそが身を助く」といわんばかりです。

これは別の経済学者が提唱した「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」に近いものです。いまの若者と40~50代以上では、恋愛における大きな思想の違いがあるのです。

では、40~50代以上の恋愛はどのようにあるべきでしょうか?

1.同世代で楽しむ

せっかくリスクをおかして「不倫」するのだから、相手は若いほうがいい!と思いがちですが、もっとも安全に「不倫」ができる相手は、同じ世代の女性です。恋愛に貪欲で不用意に恋をしやすい40~50代以上の女性をターゲットにしましょう。

2.若者を洗脳する

どうしても若さにこだわりたいのなら、若者を洗脳するしかありません。「散財って素晴らしい!不倫も経済活動の一環よ!」となるまでお金をつかうしかありません。これは「貢ぐ」のではありません。若者みずからがお金と恋愛に対し貪欲になるように改心させる、そのくらいの気合が必要です。

最後にもう1点。

若者にすり寄るために、自身が「禁欲・節約派」に改心することはできません。「禁欲」すれば、「不倫」という大前提が成り立たなくなってしまいます。中高年こそ、恋して散財して経済を支えてきましょう。

不倫セックスを楽しみまくらなければ損なのです

安心安全出会い系攻略

不倫とはなんでしょう?

不倫(ふりん)は本来は、倫理から外れたこと、人の道から外れたことを意味する。近年では特に、近代的な結婚制度(一夫一婦制)から逸脱した男女関係、すなわち配偶者のある男や女が配偶者以外の異性と恋愛し、性交を行うことを指して用いられる

つまり、砕けた言い方をすれば「やっちゃいけないこと」という意味ですね。しかし、人間というのはどうしてもやっちゃいけないと言われたことほどしてしまいたくなるものです。

絶対に押してはいけない、なんてボタンが目の前にあったら押したくなりますもんね。

そんなわけで世の中には、不倫願望のある男女というのは潜在的にはとても多いのが実情です。もっとも、日常生活ではおおっぴらに表には出せませんので見えづらくはありますが……インターネットなど、顔が見えなくて匿名性の高い場所では、びっくりするほどあけすけに不倫願望を垂れ流してる人が多いものです。

なぜ、そうまでして不倫をしたがるのかといえば……やはり、楽しいからです。

いまの日常が、毎日とても充実していて楽しい!と言い切れるという人はとても少ないのではないでしょうか? なにかしらの不満を抱え、そして代わり映えのない毎日に退屈している、そんな人達が大多数なのではないでしょうか。

この傾向は特に女性にとって多いようです。主婦なんかは社会との接点がほとんどなく、ヘタしたら1日誰とも話さずに家に籠りっぱなしということもザラにあります。そうなってくると、本能的に人と人とのつながりを求めたがるわけですね。

とは言っても、昔は物理的に難しい部分がありました。何しろ外の世界との接点すらないのです。あったとしてもご近所付き合い程度で…まさかご近所の人と不倫関係に至るわけにはいきません。

しかし、今はどうでしょうか? パソコンなり携帯電話があれば、とても気軽にインターネットに接続でき、そこではいろんな人との交流を楽しむことが出来ます。これはとても画期的なことであり、今の主婦の暇つぶしはもっぱらネットがらみということが多いです。

この時代に生まれたからには不倫セックスを楽しみまくらなければ損なのです。

60歳以上の熟女と出会う方法

11 不倫相手の見分け方

60歳以上の熟女は出会い系なんてやっていないと思っていませんか?

そんなことはありません。今、60歳以上で出会い系サイトを利用している熟女は本当に多いんです。

熟女と出会うチャンスは一気に広がっています。

一昔前なら、わたしたち熟女マニアは、妄想やアダルト動画の中だけで、満足していました。

今や、時代は変わりました。多くの熟女が、新しい出会いやセックスを求めて、出会い系に参加しているのです。彼女たちは子育てから開放されて、あらたな人生を味わいたいと思っています。あなたの隣の熟女のみなさまも、ひょっとしたら参加しているかもしれません。

熟女は、優しくてふくよかで、大人の魅力にあふれていて最高です。若い女性のようにわがままだったり、こちらへの要求が大きかったりするようなこともありません。

ぜひ、素敵な熟女との出会いライフをお楽しみください。

出会う為に必要なテクニック

04 不倫メールのコツ

出会い系サイトを長く利用していて、随分と色々な人妻と遊んできました。今回は出会う為に必要なテクニックの一つをお話ししてみようと思います。

それは、視点を変えてみるということ。

出会いサイトを利用していてもエッチする相手どころか、全く出会えないという話を聞くことがあります。私の知人の話です。 話をよく聞いてみると「エロいメールを沢山おくってその気になったら会いたくなるやろ、男やってエロい事ばっかり言われたらすぐにでもヤリたいと思うやん」という発想でした。

そういうケースが無いかと言うと無いとは言い切れませんが、私が思うにそれは凄く少ないレアなケースではないかと思ったりします。まぁ世の中には色んな例がありますから、酔った女性が出会いサイトでテキトーに選んだ男性とすぐ会ってセックスしたなんて話もありましたが、それに自分が当たるのは宝くじ並の運が必要でしょう。 私が知人にしたアドバイスは「実際に会うまでエロい話はするな」でした。

エロい話で誘うんじゃなくて逆の発想で引き込めという意味でした。すると知人は言います「だって向こうからエロいメール送ってくるじゃん」これで少し分かった気がしました。 知人はいわゆるサクラや業者相手にメールを繰り返しており、実際に会えるはずが無い相手や業者ばかりだったのです。

リアルに出会いを求めている女性の気持ちを考えるということが大切です。

女心が語れるほど私も達者ではないのですが、人とのコミュニケーションの基本みたいな話です。

大半の人は見ず知らずの人とコミュニケーションを取る場合、相手がどんな人なのかを気にします。出会い系サイトになれていると言っても半数以上がそうだと思います。 そう考えると女性が早々にエッチに関するネタをガンガン振ってくるというのはどうでしょうか。たしかに男性側としては話が早いと感じるかもしれませんし、その気になるかもしれません。

しかしそういうケースの大半はサクラの可能性が高いと考えた方が無難です。 早々のエロ話は、男側としては「エロ女なら好都合」と考えますが、女性としては「この人超変態だ」という印象が強まる可能性の方が高いです。出会いを求める女性がそんな男との出会いを求めるでしょうか。むしろ怖がられるのではないでしょうか。 つまりここでの結論はこうです。

いきなりエロ話で盛り上げようとしている女性はその時点で却下する。

リアルな初対面と同じようなメールを心がける。(相手に出会いたい気持ちがあれば相応の返事が返ってきます)。

もちろん、相手は人なのでこれで百戦錬磨かというとそうでは有りませんが、少なくとも全然出会えてない知人よりも圧倒的に私は出会い系サイトで出会えています。 実際に会えるまで「エロ話作戦」で攻略を続けるのか、少々回りくどくても私のような手法で攻略するのか。考えるまでも無いかと思います。

とにかく、早々に女性側からエロい話に持ち込もうという意図が見えたらその女性は避けるようにしましょう。出会い系サイトの攻略テクニックは案外みなさんの考えの逆方向にあるかもしれません。

ページの先頭へ